高齢化社会の背景もあり、需要が高まる福祉業界。そんな福祉業界への転職を検討している人も少なくないだろう。しかし、その前にどれだけ覚悟があるのかを自身に問いを発することも大切だ。福祉業界への転職というのをどれだけ具体的に考えているのかというのは、今後を大きく左右することになる。

恐らくほかの業界と比較すると、まずは給料面がとても低いということに気づくのではないだろうか。就職先に給料ではなくて、目に見えないやりがいのようなものを求めているのであれば話は別になってくるだろう。しかし、やりがいは大きいものの、やはり対人サービスとなるものであるので、綺麗事だけでは済まないようなトラブルも出てきてしまう。

福祉業界は、人のために尽くしたいという福祉の精神のようなものがないとなかなか継続しがたい仕事といえる。たとえば、機械相手の仕事なのであればだいたい設計図通りに物事が進むものである。しかし、これが対人となるとそうはいかない。人が思い描いていることというのはその人にしかわかないことがとても多い。

在宅生活の継続が困難となり、施設に入所するしか方法がなくなってしまった高齢者たちが、現場にいる理由もさまざまである。家庭の事情で面倒を見てもらえなくなった、あるいは、自分の体がいうことをきかなくなってしまった、もしくは、認知症になってしまった、などというように人それぞれの理由を抱えて入所しているということになる。そのような利用者と対面したときに、しっかりその人に寄り添って介護できるのであろうか。どんなに怪訝な態度を取られても大きな心で接することができるのであろうか。もしも、生半可な気持ちなのであれば、もう少し考え直した方がいいかもしれない。